受験は暗記が勝負と言う事~は、確かだと思った事

主婦は毎日忙しいのですが、空いた時間を使い適度に更新していこうと思います。

受験は暗記が勝負と言う事~は、確かだと思った事

先日、東大生が書くブログを読んで納得!した事がありまして。

まぁ、あまり私は受験戦争をかいくぐってきた!とか言う経験は無いんですが、しいて言えば我が家の現中学2年の長男が来年高校受験かなぁ~?と思うと、その辺が心配って言ったら心配です。

その、現東大生が言うには、受験勉強は基本暗記なので、テスト勉強は過去問をちゃんと把握してどんな傾向の問題が出るかさえ分かっていれば、あとは暗記した事をただ書いて行くだけの作業なので、暗記さえ出来ていれば大抵の学校には受かる~と言うのです。

確かに、これは正論ですね。

勉強してきた内容を覚えてさえいればイイんですからね。

でも、多くの子供がそれをちゃんと出来ていないから落ちる人も多い訳で~、効率よく暗記する方法が見つかればまたそれをやるのかと思ったら結構やらない人が多いし~と言う事で、なかなか思い通りに行かないと言う現状があるのは確かです。

ただ、自分がセッセと覚えて来た事がそのままテストに出て、それを書き込んで~イイ点が取れた!時の快感は忘れられないと思うので、そう言った良い感覚を忘れないうちに勉強=記憶して行くのが良い勉強法なんじゃないか?とは思うんですが・・・・。

あと面白かったのは、親や先生が、お前は馬鹿だからココまでしか受けられない!とか進路を阻む事は止めて欲しいと言う事と、根拠のない自信が割と活路を開くと言う事でした。

オレは東大に合格するぜ!!

的な、根拠の無い自信は、意外と受験モチベーションを上げてくれるそうなので、根拠のない自信を崩す様な発言をあまりしない方が受かる可能性が高まる!と、根拠のない自信を持ち続けて東大に受かった人が言うので、それは確かな情報だと思われます。

と言う事で、受験を控えたお子さんをお持ちの方~、お子さんの何かよく分からない自信はあまり削ぐ事が無いように~ヨイショ!して行ってあげて下さいね!