布団などの寝具に増殖する厄介なヤツらを防ぐ方法

主婦は毎日忙しいのですが、空いた時間を使い適度に更新していこうと思います。

布団などの寝具に増殖する厄介なヤツらを防ぐ方法

晴れて気持ちの良い日には、確実に布団を干して、その後掃除機もかけて撲滅に勤しんでいても!何故かどこからかまた発生して頭を悩ませるものと言ったら、ダニだと思います。

布団や洋服などに潜むダニはもっぱら埃や人から出た老廃物などを食しているんですが、たまに人に噛み付いて、とても痒い2個の傷痕を残しますよね。

しかも仏のかゆみ止めではなかなか痒みが引かず、傷痕も綺麗に治るのに時間がかかるので、苛立ちが持続してしまいます。

そんなダニを防ぐ方法は、布団を干したり掃除機をかけたり~も大事ですが実は、柑橘系の果物の皮を忍ばせておくと、ダニが遠ざかるのです。

よく市販の防ダニ剤などの原材料を見てもらえると多分入っている商品が多いかも知れませんが、どうもダニは柑橘系のニオイ成分が苦手な様で、レモンやミカンの皮やまた、アロマのオレンジ系のオイルの香りなどを布団に付けておくと、何故かあんなに猛威をふるっていたのにピタっと収まるのです。

と言う事で、布団を干してもなかなかダニの脅威から逃れられない!と言う方は、この柑橘系のニオイ責めで撤退してもらうと良いでしょう。

因みに、食べ終わった皮は、天日で干した後細かく刻んで、目の粗い布袋などに入れておくのがお勧めです。